« ハナミズキ通りの家 アルミサッシの取り付け | トップページ | ハナミズキ通りの家 外壁の木板貼り開始 »

2014年3月12日 (水)

ハナミズキ通りの家 屋根下地工事

ようやく屋根下地の工事に入りました。

Img_8719

この建物はRC造なので屋根もコンクリートでできていますが

内部から見た時に天井がコンクリート打ち放し仕上に見せる為、

屋根スラブの上に断熱材を敷き(これを外断熱工法といいます)、

かつ通気層を作る為に合板を一枚はり、通気胴縁を取り付けさらに合板。

その上にルーフィングを敷いてガルバリウム鋼板の立ちハゼ葺きで完了します。

さらに今回は遮熱塗料をガルバリュウム鋼板に2度塗りしますので

断熱性能としてはMAXに近いはずです。






内部仕上げで使うコンクリートブロックが搬入されていました。

Simg_8716

このコンクリートブロックも通常、塀などで使われるブロックと違い、

特殊な工法で作られた化粧コンクリートブロックです。

私も始めて実際に使用しますが、出来上がりが楽しみです。







浴槽の設置中。

Simg_8713

Simg_8714

最近ではユニットバスを設置するケースが断然多くなりましたが

今回は在来工法としました。







デッキ材が搬入されていました。

色が微妙に違うのが写真でわかりますか。これは材種の違いです。

Simg_8718

Simg_8717

この木材はデッキ材として使用しますが、3種類の材を場所によって

張り分けることにしました。

全て南洋材の堅木です。写真ではわかりませんがとっても重たいです。

岩瀬アトリエHPはこちら

↓↓↓人気blogランキングに参加しています。

ワンクリックのご協力お願いします。現在、1位更新中!

<
人気ブログランキングへ

|

« ハナミズキ通りの家 アルミサッシの取り付け | トップページ | ハナミズキ通りの家 外壁の木板貼り開始 »

住宅」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

ハナミズキ通りの家 現場リポート」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハナミズキ通りの家 アルミサッシの取り付け | トップページ | ハナミズキ通りの家 外壁の木板貼り開始 »