« ハナミズキ通りの家 基礎配筋検査 | トップページ | ハナミズキ通りの家 ピット内配管工事から基礎・土間コンクリート打設まで »

2013年11月25日 (月)

ハナミズキ通りの家 基礎耐圧盤コンクリート打設からピット内配管工事まで

基礎の配筋検査が終わり、いよいよコンクリートの打設です。

といっても、今回は基礎の低盤の耐圧盤と呼ばれる部分のみです。

Simg_7815

天気は快晴。

↓決して、コンクリートをわざわざ捨てているのではありません。

Simg_7798

通常、先送りモルタルと呼ばれているもので、ポンプ車から圧送で

コンクリートを流し込むパイプの中で詰まるのを防止するため

一番最初にモルタルを一度パイプを通過させます。

このモルタルは構造体としては見ていないので、写真でもわかるとおり、

躯体とは別のところに、簡単に言えば捨てます。

実はこれは結構守られていないことが多く、多くの現場では本来は

入れてはいけない躯体の中に捨ててしまうケースが多いです。

予め、それはダメですよと一言いえば現場サイドはちゃんと言うことを聞いてくれます。

これが監理の大事なところです。

↓次に大事な監理業務。

コンクリートの受け入れ検査。

これは、予め設計図書にコンクリートの様々な規定が明記してあり、

それが基準値どおりのコンクリートになっているかの確認。

Img_7787

Simg_7792

↓コンクリートの温度を測定中

Simg_7794

↓コンクリート内の空気量を測定中

Simg_7795

Simg_7796

↓すべて完了風景

Simg_7804

Simg_7805

看板には色々と数値が明記いてありますが、すべてこの場で第3者機関の

会社が直接1台目のミキサー車からコンクリートを抜きとり、機械を使って

その場で測定します。

この内容がすべて事前の設計図書に示してある数値に当てはまっているかの

チェックです。

このチェックをクリアーして初めて打設開始となります。

Simg_7816

↓翌日

Simg_7823

Simg_7824

↓基礎ピット内の配管工事が完了し、1階スラブの型枠を設置中です。

Simg_7846

岩瀬アトリエHPはこちら

↓↓↓人気blogランキングに参加しています。

ワンクリックのご協力お願いします。現在、1位更新中!

人気blogランキングへ(ここをクリックしてください)

|

« ハナミズキ通りの家 基礎配筋検査 | トップページ | ハナミズキ通りの家 ピット内配管工事から基礎・土間コンクリート打設まで »

住宅」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

ハナミズキ通りの家 現場リポート」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハナミズキ通りの家 基礎配筋検査 | トップページ | ハナミズキ通りの家 ピット内配管工事から基礎・土間コンクリート打設まで »