« 第1回埼玉建築文化賞に弊社設計の『A1-FLAT』と『ATELIER-FUALI』が受賞しました。 | トップページ | ハナミズキ通りの家 杭工事完了 »

2013年10月23日 (水)

ハナミズキ通りの家 鋼管杭の施工開始

今日から予定通り、杭工事開始。

Simg_7455

今回の計画地は近隣データにより地層状態があまりよくないことが

わかっていたので、ボーリング調査をして地下の地層の詳しい状態を

確認しました。

結果、地下7mほどのレベルで一度頑丈な地層が確認されましたが、

そのすぐ下に液状化の恐れがある地層が試験結果で出たため、

構造設計を担当した先生と相談の上、コストはUPしますが、

さらに深い地上から10m程度の強固な地層まで何らかの工法で

地盤改良をすることになりました。




あらゆる工法を検討したのですが、結果、通常は地盤がゆるくても

住宅レベルであれば安価な柱状改良といわれる地盤改良方法を

採用し地盤の強度を上げるのですが、今回の計画地はあまりにも

ゆるい地層が深い位置まであったので、この工法は採用せず、

鋼管杭による地盤強化の工法を採用することにしました。

施工状況です。

↓まずは予め決めてある設置位置に杭をセット

Simg_7459





↓徐々に杭を回転させながら先端の羽を利用し打ち込んでいきます。

Simg_7460_2






↓最初は地盤が軟らかいのでスムーズに入っていきます。

Simg_7462

Simg_7463_2






↓途中で鋼管を連結させるために溶接。

Simg_7466


↓さらに回転させながら地中へ・・・・

Simg_7471




↓管入完了。杭の先端は基礎梁(耐圧盤)の下になるので地表面から

およそ1.2m地中になります。そのため、きちっとその位置に

止まっているかの確認作業中。

Simg_7475




↓これでようやく1本完了。

Simg_7461




この作業をこの現場では合計90本程度打ち込みます。



地盤の状態は、なかなか土地を見ただけではわかりません。

これから土地の購入をご検討されている方は、購入前にまず近隣データを

取り寄せ、その土地の地盤状態を把握してから購入を決めていただくことを

お勧めします。


岩瀬アトリエHPはこちら

↓↓↓人気blogランキングに参加しています。

ワンクリックのご協力お願いします。現在、1位更新中!

人気blogランキングへ(ここをクリックしてください)

|

« 第1回埼玉建築文化賞に弊社設計の『A1-FLAT』と『ATELIER-FUALI』が受賞しました。 | トップページ | ハナミズキ通りの家 杭工事完了 »

住宅」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

ハナミズキ通りの家 現場リポート」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

これから土地を購入したい人にとってとても重要なアドヴァイスだと思いました。見えないところもまず一番大事。

投稿: 三毛猫 | 2013年10月24日 (木) 07時50分

三毛猫さん
いつもコメントありがとうございます。
地盤改良や杭工事は決して安価な工事ではありません。
土地を購入し、建物を建てるに当たり想定している予算が
あると思いますが、思わぬ出費となるケースがあります。
土地購入時にそのあたりのことはしっかり調べてから購入を
決定することをお勧めします。

投稿: 管理者 | 2013年10月24日 (木) 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第1回埼玉建築文化賞に弊社設計の『A1-FLAT』と『ATELIER-FUALI』が受賞しました。 | トップページ | ハナミズキ通りの家 杭工事完了 »