« B-Office 基礎配筋検査 | トップページ | B-Office 基礎コンクート打設 »

2013年3月14日 (木)

S邸 現場

現場に行ってきました。

1階の壁型枠建てこみ中。

Wimg_4934






配筋検査も行いました。

Wimg_4931





パイプシャフトには補強筋が設置されます。

Wimg_4939






木造や鉄骨造でいえば上棟時、今回のコンクリート造でいえば、まさに今の鉄筋が組まれている状況は、本当に美しい。

どれも建物が建ってしまうと見えなくなってしまうけど・・・・

Wimg_4945




↓この写真は珍しく私が写っています。なぜならスタッフが撮影してるから・・・・

この状況の説明としては、実は今回、階段を鉄骨造で作ることになっており、

その搬入方法を電線と睨めっこしながら、ここからなら搬入できるのではと

検討中の状況です。

Wimg_4951





この建物は地下と1階がコンクリート造で、2階は木造の混構造。

現場視察の後、2階を担当する大工さんと現場事務所で打ち合わせを

行い、帰社しました。


明日は朝から熊谷で打ち合わせです。

岩瀬アトリエHPはこちら


↓↓↓人気blogランキングに参加しています。

ワンクリックのご協力お願いします。

人気blogランキングへ(ここをクリックしてください)

|

« B-Office 基礎配筋検査 | トップページ | B-Office 基礎コンクート打設 »

住宅」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

S邸現場リポート」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« B-Office 基礎配筋検査 | トップページ | B-Office 基礎コンクート打設 »