« 画家のアトリエ 外構の植栽選びに行ってきました | トップページ | 年末年始のお知らせ »

2012年12月27日 (木)

午前中S邸コンクリート打設立会い、午後は別荘の現場

岩瀬アトリエも今年は明日で仕事納め。


今日は朝から、スタッフがS邸のコンクリート打設立会い。

Wimg_4313

立会いと書くと、ただ見ているだけと聞こえるかもしれませんが、

ちゃんと現場監理という仕事があり、実際に運ばれてきたコンクリートにたいして

設計図書どおりの硬さや塩分量などを第3者期間が現場で検査するのを立ち会って

確認したり、打設前に、ゴミが鉄筋の中に落ちていなかの確認だったりと

やることは結構多いのです。

お昼にスタッフが事務所に戻り、午後から建設中の別荘の現場へ

二人で移動。

あと少しで完成です。

今日は薪ストーブが設置され、オーナーが私が来る時間を見計らって

わざわざ火を入れてくれました。


Wimg_4340

しばらく、オーナーと薪ストーブ談話で盛り上がりました。

写真奥に写っている、木ルーバー。

実は設計当初から図面に書かれていたのですが、

そのさらにおくにある階段ができあった頃、オーナーから、

ルーバーを付けると部屋が狭く感じるからやめたいという連絡。

私は現場まで行き、説得。

結果、写真の通り設置したのですが、工事が終わったときに

オーナーから電話。

『いや~言われたとおり設置してすごくよかった。いい感じになりましたわ~

余計なことをいってすいませんでした~』

とわざわざ連絡をしてくれました。

私は今までの経験を踏まえ、必ずあったほうがいいと確信を持っていたので、

結果としてオーナーからそのようなお言葉をもらうというのは、

こんなにうれしいことはありません。




いいですね、火は。




私は薪ストーブより暖炉派でしたが、ストーブもいいかもと、本音で感じました。


ちなみに部屋を暖めるという意味では断然、薪ストーブ。

暖炉はどちらかというと暖房効果より、火を見て楽しむ・・・という意味合いに

なります。



Wimg_4362


↑写真に写っている岩は、本物です。

あとから持ってきて置いたのではなく、もともとここにあった岩です。

そこに壁を作り、あえて室内に岩が見えるように設計しています。

この天然の岩を生かした空間が、写真ではわかりづらいのですが、

私が今まで設計してきた空間とは異質でありながら

なぜかとてもよい感じになっていることに自分でも少し驚きを

感じました。

設計をしていたときに描いていたイメージ以上にいい感じに出来上がりました。

こんな経験は初めてです。

岩瀬アトリエHPはこちら


↓↓↓人気blogランキングに参加しています。

ワンクリックのご協力お願いします。

人気blogランキングへ(ここをクリックしてください)

|

« 画家のアトリエ 外構の植栽選びに行ってきました | トップページ | 年末年始のお知らせ »

S邸現場リポート」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 画家のアトリエ 外構の植栽選びに行ってきました | トップページ | 年末年始のお知らせ »