« 『画家のアトリエ』 基礎配筋検査 | トップページ | 映画『ル・コルビュジエの家』のご紹介 »

2012年8月28日 (火)

『画家のアトリエ』 基礎のコンクリート打設

今日は、昨日の配筋検査に続き、コンクリートの打設です。


打設前に昨日の検査で指摘をした、鉄筋のかぶり不足の修正を確認。

きちっと指示通り6センチのかぶり厚さが確保されていました。

03



次はコンクリートの受け入れ検査。

これは実際に運ばれてきたコンクリートが事前に指示をした条件と

適合しているかを確認する検査です。

この検査は、コンクリート業者とは別の第3者機関が行います。

23_2


確認する内容は、スランプ(コンクリートのやわらかさの確認)や塩化物量、

空気量、コンクリートの温度などです。


同時に写真でもわかるように供試体をとり、後日検査機関にて圧縮強度試験

を行い、指定した強度が本当に出ているのかを確認します。


この検査が終了して初めて打設に入ります。


30


35


37


44


岩瀬アトリエHPはこちら


↓↓↓人気blogランキングに参加しています。

ワンクリックのご協力お願いします。

人気blogランキングへ(ここをクリックしてください)



|

« 『画家のアトリエ』 基礎配筋検査 | トップページ | 映画『ル・コルビュジエの家』のご紹介 »

住宅」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

画家のアトリエ現場リポート」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『画家のアトリエ』 基礎配筋検査 | トップページ | 映画『ル・コルビュジエの家』のご紹介 »