« ヤオコー川越美術館 三栖右嗣記念館/伊東豊雄氏設計に行ってきました | トップページ | 雑誌『建築ジャーナル 9月号』に弊社の作品集が掲載されました »

2012年8月20日 (月)

『画家のアトリエ』 地縄の確認

今日は、地縄の確認です。

Simg_3037


地縄とは、水糸やビニール紐などで、図面の通り芯の位置に糸を張り、

建物と境界ラインとの離れ寸法などを再確認することです。


結果は問題なし。


今日は同時に設計GLを決定しました。

設計GLとは、住宅の基準となる高さのことをいいます。

通常は前面道路のマンホールを基準に、プラス※※を設計GLと

しましょうというような決め方をします。

今回は敷地が平坦なのであまり問題はありませんが、傾斜地や盛り土で

敷地レベルが道路より高くなっていたりする場合は、重要な決定事項となります。

明日から、基礎工事が始まります。

岩瀬アトリエHPはこちら


↓↓↓人気blogランキングに参加しています。

ワンクリックのご協力お願いします。

人気blogランキングへ(ここをクリックしてください)

|

« ヤオコー川越美術館 三栖右嗣記念館/伊東豊雄氏設計に行ってきました | トップページ | 雑誌『建築ジャーナル 9月号』に弊社の作品集が掲載されました »

住宅」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

画家のアトリエ現場リポート」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

・・・住宅の基準となる高さは、通常は前面道路のマンホールを基準に
・・・の文、あーそうですか、と。知りませんでした。こんなことが素人にとってもおもしろいです。

投稿: 三毛猫 | 2012年8月27日 (月) 10時18分

三毛猫さん
いつもコメントありがとうございます。今後もなるべくわかりやすい言葉で、知ってそうで知らない建築のことを書いていきますので楽しみにしてください。

投稿: 管理者 | 2012年8月27日 (月) 17時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヤオコー川越美術館 三栖右嗣記念館/伊東豊雄氏設計に行ってきました | トップページ | 雑誌『建築ジャーナル 9月号』に弊社の作品集が掲載されました »